4, 11月 2022
カジノ irk8 カジノ日本通信、ドコモとレイヤー2相互接続完了仮想通貨カジノパチンコfifa world cup qatar 2022 qualifiers

カジノ irk8 カジノ日本通信、ドコモとレイヤー2相互接続完了仮想通貨カジノパチンコfifa world cup qatar 2022 qualifiers

カジノ irk8 カジノ日本通信、ドコモとレイヤー2相互接続完了仮想通貨カジノパチンコfifa world cup qatar 2022 qualifiers

comsa ico 価格k8 カジノ photoレイヤー2接続とレイヤー3接続の違いを説明する日本通信の三田聖二社長

パチンコ 攻略 MVNO事業を展開する日本通信は3月17日、NTTドコモとレイヤー2接続における相互接続協定を3月13日に締結。同時に16日19時頃にレイヤー2相互接続が完了したと発表した。

 日本通信は2006年11月にドコモに対して相互接続申し入れ、2007年11月の総務大臣裁定を経て、2008年2月に基本合意。2008年に、まずはレイヤー3接続による「ConnectMail」や「b-mobile3G」サービスを開始した。

 今回の相互接続協定の締結により、レイヤー3接続からレイヤー2接続への移行作業を実施。レイヤー2接続は「当初は見解の相違もあった」としながらも、通常は通信事業者が保有する中継交換機を日本通信が保有し、当該中継交換機でレイヤー2接続を行うことで実現する。通信事業者以外の事業者が中継交換機を保有してサービスを展開するのは世界でも例がなく、日本通信とNTTドコモが初めて実現したとしている。

 これまでのレイヤー3接続は通信事業者との接続料(帯域幅料金)が約2割高価だったが、レイヤー2接続の移行により大幅なコストダウンが見込める。日本通信は今後、セキュリティ性を高めた無線専用線による法人向けサービスや「Doccica」(2009年3月23日開始)のような複数のネットワークを統合的に利用できるようにするマルチネットワークサービス、IPv6の特徴を生かしたサービスなどを効率的に展開していく考え。

関連キーワード日本通信 | 相互接続 | NTTドコモ | 通信事業者 | b-mobile | 法人ビジネス | ConnectMail | Doccica(ドッチーカ) | IPv6 | MVNO仮想通貨カジノパチンコエル シャーラ ウィ ローマ

コメントを残す

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ ネット カジノ K8カジノ k8 入金不要ボーナス k8 カジノ k8 出金 | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap