8, 12月 2022
刈谷 コンコルド データk8 カジノ携帯大手3キャリア、そろって20万超えの純増――3月契約数仮想通貨カジノパチンコcr 西部 警察 2

刈谷 コンコルド データk8 カジノ携帯大手3キャリア、そろって20万超えの純増――3月契約数仮想通貨カジノパチンコcr 西部 警察 2

刈谷 コンコルド データk8 カジノ携帯大手3キャリア、そろって20万超えの純増――3月契約数仮想通貨カジノパチンコcr 西部 警察 2

東洋 経済 新 報社 書籍k8 カジノ

グループ名2009年3月純増数累計(携帯シェア)NTTドコモ27万8200 2in1:11005460万0700(50.8%) 2in1:45万9300KDDI22万31003084万2800(28.7%)ソフトバンクモバイル38万1700 ダブルナンバー:27002063万2900(19.2%) ダブルナンバー:1万5400イー・モバイル12万1900141万0200(1.3%)携帯総計100万49001億748万6600

設定 6 スロット 電気通信事業者協会(TCA)が4月7日、2009年3月末の携帯・PHS契約数を発表した。春商戦本番の3月は、携帯電話の純増が100万4900件となり、携帯キャリアがそろって10万単位で契約数を伸ばした。PHSも6100の純増を記録し、携帯・PHSの累計契約数は1億1205万となった。

 各キャリアごとの純増数を見ると、38万1700契約を獲得したソフトバンクモバイルがトップとなり、連続23カ月首位を守った。2位は27万8200契約のドコモで、22万3100契約のKDDIがこれに続く。なお、大手3キャリアが20万超えの純増となる中、ラインアップの多くがデータ通信端末であるイー・モバイルは、前月より2万5400件多い12万1900の純増にとどまった。

Photo純増数の推移Photo純増シェアの推移

MNP利用状況差し引きNTTドコモ-3万9100KDDI5600ソフトバンクモバイル3万3400イー・モバイル0

 番号ポータビリティは、1年で最大の商戦期ということもあって利用が活性化。ソフトバンクモバイルが3万3400、KDDIが5600の転入超となった。ドコモは3万9100の転出超過で、イー・モバイルは差し引き0だった。

photoMNPの利用状況

 2009年3月純増 累計・システム別NTTドコモ(W-CDMA) 75万12004904万0300NTTドコモ(PDC) -47万3000556万0400au(CDMA2000 1x) 23万60003052万7200au(cdmaOne) -1290031万5600ソフトバンクモバイル(W-CDMA) 62万98001865万3600ソフトバンクモバイル(PDC) -24万8100197万9300イー・モバイル(W-CDMA) 12万1900141万0200・プリペイド契約NTTドコモ -1003万8200au -700043万8400ソフトバンクモバイル -1万5000103万8300イー・モバイル27002万6000合計 -1万9400154万0900・通信モジュールNTTドコモ -2万1100152万6700KDDI(auモジュール系サービス用回線数) 770092万2800ソフトバンクモバイル241005万6200合計 1万0700250万5700・IP接続サービスiモード(NTTドコモ) 23万27004847万4100EZweb(KDDI) 21万30002619万0300Yahoo!ケータイ(ソフトバンクモバイル) 27万24001646万4900EMnet(イー・モバイル)13005万5400合計 71万94009118万4700

ウィルコムは6100件の純増

グループ名2009年3月純増累計ウィルコム6100456万3400PHS総計6100456万3400

 ウィルコムのPHS契約数は6100の純増を記録したが、その数は2月の8300を下回る結果となっている。なお、ウィルコムは3月分から、ドコモのFOMA回線を利用した「WILLCOM CORE 3G」の契約数も明らかにしており、2600契約を獲得。PHSの契約数と合わせて8700契約を獲得したことになる。ただ、TCAの発表した契約数の中では、WILLCOM CORE 3Gの2600契約はドコモの契約数に含まれている。

2008年度の累計純増数は500万割れ

2008年度のMNP利用状況差し引きNTTドコモ-33万3700KDDI5万6500(au単体、KDDI全体では5万6200)ソフトバンクモバイル27万3200イー・モバイル4200

 TCAは、2009年3月の契約数公開に合わせて、2008年度の契約数も公表。2008年4月から2009年3月までの携帯・PHSの純増数は471万200となったが、500万を割り込む結果となった。うちわけは携帯電話が476万2100の純増で、PHSが5万1900の純減。また、2008年度のキャリア別の番号ポータビリティによる転入・転出は、ドコモのみが転出超過で33万3700のマイナスを記録した。その他のキャリアは、KDDIが5万6500(au単体の場合、KDDI全体では5万6200)、ソフトバンクモバイルが27万3200、イー・モバイルが4200の転入超過となった。

関連キーワード契約数 | PHS | NTTドコモ | ウィルコム | 電気通信事業者協会(TCA) | イー・モバイル | KDDI | 次世代PHS(WILLCOM CORE) | ソフトバンクモバイル | 活性化 | 通信事業者 | データ通信 | 番号ポータビリティ | 携帯電話事業者 | 携帯・PHS契約数仮想通貨カジノパチンコテレビ 朝日 見逃し m ステ

コメントを残す

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ ネット カジノ K8カジノ k8 入金不要ボーナス k8 カジノ k8 出金 | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap